ぬくもり動物医療センター

ご予約・お問い合わせはこちらから

整形外科・神経外科
ORTHOPEDICS

ホーム ﹥ 診療案内 ﹥ 整形外科・神経外科

外科治療は内科治療と並び治療選択肢のひとつです。外科治療が最も有効な治療法である場合もあれば、その子の年齢や状態によっては内科治療を行うほうが総合的なメリットが大きい場合もあります。当院では、インフォームドコンセントに重点をおきその手術のメリット、デメリットを十分説明させて頂いた上で実施するようにしております。血液検査やレントゲン検査等により手術前の評価をしっかりと行うことで麻酔リスクを最大限に減らせるよう努力しております。また、その子の状態に合わせた疼痛・麻酔管理を実施していくことで動物への負担を減らし、より安全性の高い手術を行えるよう心がけております。

整形外科・神経外科

四肢の筋肉、骨、関節、脊柱疾患や外傷を扱う外科の分野です。特に獣医療では骨折や靭帯断裂、椎間板ヘルニア等の疾患が多くみられます。その原因は外傷性(けが)や先天性(生まれつき)のもの、成長期の過程で発症するもの等様々です。動物の整形外科疾患の病気は慢性経過とならないよういち早く見つけ適切な処置を行うことが必要となります。

次のような症状がある場合は、まずはご相談ください。

整形外科診療の流れ

問診
視診検査
触診検査
神経学的検査
レントゲン検査

これまでの問診、視診、触診等を行った上で最も疑われる部位のレントゲン撮影を行います。
骨や関節の状況を評価することができます。

MRI検査

脳神経、脊髄神経の異常がある場合、病変がレントゲン検査では検出できないことがあります。椎間板ヘルニア等の神経疾患は原因病変の特定にMRI検査が必要な場合があります。MRI検査が必要と判断される場合には、対応可能な施設を紹介させて頂きます。

〈当院での椎間板ヘルニアの症例 画像提供:キャミックひがし東京〉

※下記症例紹介には一部手術画像を含みます。苦手な方は閲覧をお控えください。

当院での症例

〈1歳/トイプードル/去勢雄/2.2kg〉
〈13歳/柴犬/去勢雄/10kg〉